健康への第一歩!食事と運動でメタボリックシンドロームを改善するための指導

nsDoll_001_size_960_400

今回は、成人から高齢者まで一番多い、生活習慣病のメタボリックシンドロームについて考えていきます。 メタボリックシンドロームは、診断された後の指導がとても大切です。 数多くのメタボリックシンドロームの指導をしてきた、保健師による指導方法を伝授していきます。

メタボリックシンドロームの基準は?

内臓脂肪型肥満と呼ばれるメタボリックシンドロームは、1つの必要項目と、3つの検査項目の中で、2つ以上該当した場合に診断されます。

必要項目は、腹囲男性85cm以上、女性90cm以上です。

3つの検査項目
1、中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満
2、最高血圧130mmHg以上、最低血圧85mmHg以上
3、空腹時血糖値110mg/dl以上

メタボリックシンドロームを改善するためには何が必要?

メタボリックシンドロームは、検査項目からわかるように、高脂血症・高血圧・糖尿病を改善することが求められます。 血圧や糖尿病などの1つを正常に戻すだけでは、改善することができません。 3つを連動させて改善していくことが大切です。

メタボリックシンドロームは、生活習慣病と言われ、普段の生活が不適切なため陥る病気の1つです。 私たちにとって、運動習慣や不適切な食生活を改善するのは、容易ではありません。 改善するためには、容易で長続きするように指導していくことがとても重要です。

運動習慣の指導方法は2つのポイントを考える

運動週間は、ウォーキングやジョギングにより、有酸素運動をすることが最も望ましいです。 しかし、現実には、外は暑かったり寒かったりするし、疲れるし辛いという思いがあり、長続きしないのが現実です。 「運動をしてください」とパンフレット等を渡し、指導を行っても運動習慣を身につけることはできません。

運動については、動くことで気分転換になることと、日常生活の中で容易に取り入れることが大切です。 2つのポイントを注意して指導していきましょう。

1つ目は、ジョギングやウォーキングによる目的や楽しみを見つけるようにする。 ただ、走ったり歩いたりすることでは、長続きしません。 そこで、景色の良いウォーキングコースを考えることや、大好きなお酒を買うときには歩いて買い物に行くようにする。

2つ目は、普段の行っている日常生活の一部に運動を取り入れるようにする。 通勤で使用していたバスを歩くようにすることや、車通勤を自転車へ変更するようにしていきます。

食生活を改善するためには、家族や友人も巻き込んで!

食生活を改善するための指導は、本人だけに説明しても改善することは難しいです。家族のいる人であれば、親や妻への指導が大切です。 会社付き合いや友達付き合いの多い人には、その仲間へ対して、食事内容や量を注意するように指導すると、とても効果的です。

メタボリックシンドロームになるのは簡単ですが、改善するのはとても難しいです。 普段の生活から、予防に心掛けていき、メタボリックシンドロームにならないように注意していきましょう。

執筆ライター長谷川

  • 美容など女子力アップの方法
看護ハッピーQOLのこの記事がよかったら
いいねお願いします〜!

フォローする

ランキングに参加しています。よかったら応援よろしく!
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
“看護師転職求人サイト” “派遣看護師アルバイト”
長谷川
回復期(泌尿器・腎臓内科・消化器腫瘍)の複合と、産科(GCU)、精神科あとは介護施設での経験があります。看護師長として働きながら、保健師の資格も保有しており、保健師の一環としていろいろな病院へ出向きメンタルヘルスケアにも携わっています。
目次に戻る!