先輩男性看護師が考える将来のキャリアアッププランまとめ

nsDoll_001_size_960_400

今回は、先輩男性看護師として、将来のキャリアアップとプランについて、まとめていきます。男性看護師が将来を考えて、どのような職場で働くのか、1つの目安にしてください。

男性の病棟看護師

病棟看護師の多くは女性看護師がほとんどのため、1つの病棟に男性看護師は1人いるかいないかの状況です。しかし、病棟看護師における男性看護師が1人いるかいないかでは、雰囲気が大きく違います。女性とは違う男性ならではの目線で、看護をすることができるため、女性以上に就職に有利です。

看護師はサラリーマンと違い、大きな昇給がありません。役職が同じであれば、10年後もほとんど同じ給料で働くことになります。男性と女性では、給料に変わりはないため、役職で大きく変わります。

病棟で働く場合には、残業が多く、夜勤を行う必要があります。希望すれば夜勤なしで働くこともできますが、夜勤手当がもらえず、将来管理職への道が遠くなります。家族がいる場合には、夜勤を行うことの不安はありますが、病棟で働く場合には、大切な仕事の1つです。

男性の精神科看護師

精神科で働く看護師は、他の病棟に比べると、男性看護師が多く働いています。精神科では、精神症状が強く、興奮している患者さんに対することも必要です。女性看護師では、対応できないことが多いため、男性看護師が活躍できる職場です。

精神科では、一般病棟より、医療行為が少ないこともあり、残業がない場合が多いです。病棟と同じように夜勤がありますが、緊急時以外は落ち着いているため、しっかり休憩をとりながら、仕事を行うことができます。

精神科では、男性看護師の役割が大きいため、男性看護師が役職につくことが多いです。ただし、精神科から一般病棟へ転職することは、仕事内容の違いから、難しいのが現状です。男性の場合は、将来性を考えて、職場を選ぶ必要があります。

男性の保健師

保健師は、看護師より圧倒的に、女性保健師が多いです。女性保健師は、男性保健師の約400倍の人数がいます。しかし、近年男性保健師が増加しているため、今後は、男性保健師が活躍できる場が多くなります。

保健師は、行政と産業と学校に分かれており、それぞれの分野で、仕事内容や待遇面が大きく異なります。行政では、保健所や市町村で就職すれば、公務員扱いになるため、福利厚生がよく、将来安定しています。産業では、労働者に対する健康指導や健康相談を行うため、男性保健師は、就職がとても難しいです。学校では、生徒や職員に対する健康管理や、保健師の教員としての役割があるため、男性保健師が活躍できます。

これからは、健康増進や介護予防が重要視されているため、保健師としての役割が高くなります。男性ならではの視点から、関わることで、業務の幅が広がる為、男性保健師の需要は多いです。

男性看護師の病院管理職

病院では、クリニカルラダーの院内研修を通して、管理職へなることができます。主任や師長へなるためには、普段の仕事内容だけではなくクリニカルラダーのレベルを上げていく必要があります。男性看護師であれば、上の立場で働くことが求められる為、1つずつ課題をクリアしていく必要があります。

主任や師長になるためには、周りの人望や、指導能力が問われます。新人の頃から、積極的に関わり、少しずつ経験を積み上げていくことで、早く管理職へなることができます。

男性看護師の施設管理職

介護施設の管理職になるには、看護師の経験ではなく、介護保険制度を理解することが大切です。病院とは、管理の方法が大きく異なり、毎年内容が変化するため、必ず確認していきます。

介護施設では、病院とは違い、医師が必ず常駐していません。そのため、看護師が状況を見極め、判断して行う必要があります。病院で働く看護師以上に、幅広い知識が問われます。

訪問看護などの開業・独立

正看護師の免許を持っていれば、訪問看護ステーションを立ち上げることができます。訪問看護ステーションでは、常勤換算2.5人以上必要になるため、職員を確保すれば、独立することができます。

看護師ではありませんが、看護師からスキルアップで、介護支援専門員の資格を取得することにより、居宅介護支援事務所を立ち上げることができます。

男性看護師には、女性看護師以上にキャリアアップを求められます。現時点での仕事を行うだけではなく、事前に、将来プランを考えていき、管理職へ向けて、キャリアアップを行っていくことをオススメします。

執筆ライター長谷川

  • 美容など女子力アップの方法
看護ハッピーQOLのこの記事がよかったら
いいねお願いします〜!

フォローする

ランキングに参加しています。よかったら応援よろしく!
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
“看護師転職求人サイト” “派遣看護師アルバイト”
長谷川
回復期(泌尿器・腎臓内科・消化器腫瘍)の複合と、産科(GCU)、精神科あとは介護施設での経験があります。看護師長として働きながら、保健師の資格も保有しており、保健師の一環としていろいろな病院へ出向きメンタルヘルスケアにも携わっています。
目次に戻る!