麻酔看護師の日本とアメリカ 立場や給与 まとめ

nsDoll_001_size_960_400

手術室経験ありのメンズナースです!^^

麻酔看護師に関する看護大学の動向(聖路加看護大学など)

現在では、一般的な痛みを除去するために麻酔という方法を使います。 そこで、麻酔に関する看護ということで、麻酔看護師という看護師が存在しています。 その中で日本は、特に聖路加看護大学の麻酔看護が有名です。 私の後輩も聖路加の大学院を卒業しましたが、特に麻酔看護は新しい分野といっても過言ではないでしょうか。 しかしながら、新しい分野といっても、医療に寄与するためには麻酔看護は必要不可欠です。 手術ではもちろんのこと、救急外来であったり、集中治療であったりと、麻酔看護は医療に貢献するものといえます。 今後はさらに、麻酔看護の専門性を日本に広めていくことが期待されるでしょう。

麻酔看護師の日本とアメリカ

麻酔看護師の存在は、すでにアメリカでは一般化されています。 アメリカの麻酔看護師は、看護師として救急やICUに属して、大学院の3年を終えた後にその称号が与えられると聞きます。 さらに麻酔看護の専門性は高く、今後は博士課程となる傾向という情報もあり、看護の発展が期待されています。 もちろん、日本でも麻酔看護師は広がっていく可能性もありますし、 現在、ご興味がある方はぜひこの道に進まれてみてはいかがでしょうか。

麻酔看護師の給与と年収

麻酔看護師といっても、日本では確立されたばかりですので、 なかなか給与に関しては大幅に一般看護師と変わるといったことはありえないでしょう。 しかしながら、アメリカの場合は麻酔看護師として働くと、年収1000~2000万円稼ぐ方もいらっしゃるという話です。 月給にすると約80~160万円といったところでしょうか。

なぜ、このような差があるのかというと、アメリカには国民保険がありません。 そのため、患者さんが入院すればその1泊で約2万円は病院に入るわけです。 したがって、基本的にアメリカの看護師は、所得がよいということなんですね。 これを良いととるか悪いととるかは、個人の価値観の問題ですので何とも言えませんが、 持つべきところは、ご自身が看護師として何がしたいのかというところでしょう。

  • 美容など女子力アップの方法
看護ハッピーQOLのこの記事がよかったら
いいねお願いします〜!

フォローする

ランキングに参加しています。よかったら応援よろしく!
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
“看護師転職求人サイト” “派遣看護師アルバイト”
メンズナース1号
ER、手術室、小児科の臨床経験があります。保健師の資格も持っています。
目次に戻る!