回復期における排泄障害を改善する骨盤底筋体操

nsDoll_001_size_960_400

今回は、回復期における泌尿器の病気により、排泄障害を抱えた人や、排泄障害を起こさないための予防法を教えていきます。 排泄障害をおこさないためには、骨盤底筋群の筋肉がとても重要です。骨盤底筋体操をして排尿障害の悩みを解決していきます。

骨盤底筋体操ってなに?

手術により、寝たきりの状態が長く続いていることや、泌尿器疾患により、膀胱や尿道周辺の筋肉が弱くなります。 そのため、排尿困難や失禁を起こすことがあります。 排泄機能に必要な筋肉を骨盤底筋群と呼ばれ、一度失った筋肉を元の状態に改善するために、骨盤底筋体操を行います。

骨盤底筋体操の方法

骨盤底筋体操は適切な体位で、肛門や尿道を締めたり緩めたりしていきます。 この運動を1日に、5分~10分で3セット行っていきます。 骨盤底筋対象を行う体位には4つあります。

  1. 仰向けになり、足と肩幅に開き、膝を30度曲げる。
  2. 床に膝をつき、肘をクッションの上に乗せ頭を支える。
  3. 両手を肩幅に広げて机につき、重心を全部腕に乗せる。
  4. 椅子に座り、足を肩幅に広げて座り、足全体をしっかりと床につける。

骨盤底筋体操を行うときのポイント

  1. 全身力を抜いてリラックスした状態で、腹式呼吸を行いながら呼吸をします。
  2. 背筋はしっかりと伸ばしていき、足を肩幅に広げるのを忘れないようにします。
  3. 一気に力をいれるのではなく、5秒数えながらゆっくりと行います。
  4. はじめは短い時間から行い、慣れてきたら少しずつ時間を長くしていきます。
  5. 決して無理をしないように、気を付けながら行います。

イメージ的には、排尿を出すときと我慢するときを繰り返します。 骨盤底筋体操を行う時には、お腹の筋肉が動くため、触って確認していきましょう。

骨盤底筋体操の注意点

回復期における患者さんは、排泄障害を抱えていることにより、身体的にも精神的にも不安を抱えています。 適切な骨盤底筋体操を指導していき、悩みを解決していくようにしましょう。

執筆ライター:長谷川

  • 美容など女子力アップの方法
看護ハッピーQOLのこの記事がよかったら
いいねお願いします〜!

フォローする

ランキングに参加しています。よかったら応援よろしく!
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
“看護師転職求人サイト” “派遣看護師アルバイト”
長谷川
回復期(泌尿器・腎臓内科・消化器腫瘍)の複合と、産科(GCU)、精神科あとは介護施設での経験があります。看護師長として働きながら、保健師の資格も保有しており、保健師の一環としていろいろな病院へ出向きメンタルヘルスケアにも携わっています。
目次に戻る!