看護師免許取得後のスキルアップ! メンズナースがおすすめするオペ室の本と資料3選

nsHumanBody_size_960_400

手術室経験ありのメンズナースです!^^

卒後教育、まさにスキルアップはここからです。 私の学生時代、学科試験で再試験ばかりであった友人が、今ではバリバリの看護師です。 また学生時代にそこそこの成績だった方は、臨床に入ってパッとしないなと思う方も中にはいらっしゃいます。

そこで、今回は、看護師免許取得後の自分磨きのサポートとしての書籍や本、文献などをご紹介させて頂きたいと思います。

オペナーシング

こちらはメディカ出版から、出版されている雑誌になります。 基本的な手術看護から専門的なものまで多岐わたっており、「今さら」といったことにも対応できることでしょう。 内容は文字だけではなく、写真と一致しながら学びを深めることもできます。特に増刊号などでは、手術のテクニックなどを紹介していたりなど、スキルアップにつながることは間違いなしですね。

手術看護エキスパート

情報誌 :隔月刊誌 手術看護エキスパート

こちらは日総研から出版されている雑誌になります。 エキスパートの文字通り、どちらかというと熟練した手術看護師向けにおすすめしますが、 もちろん、新人看護師がみてもわかりやすい表現にもなっています。 手術看護の外回りや器械出しに焦点を当て、さらには術式に応じたアドバイスが集約されています。 もちろん、手術看護を取り巻く医療安全や看護管理についても紹介されていますので、1度見てみてはいかがでしょうか。

日総研のDVD動画です。

イラストで学ぶ麻酔看護

まず手術室に入ると、手術という概念の前に、麻酔のことを学ばなければなりません。 基本的に大きな手術は、全身麻酔を行いますし、侵襲を考えるなどして、腰痛麻酔や局所麻酔を実施する場合もあります。 どの道、手術を行うまでの過程には、必ず麻酔看護が入ってくるというわけですね。

こちらの本は、イラストに基づいて、麻酔看護のエビデンスを学ぶことができます。 もちろん、麻酔看護という抽象的なものではなく、具体的に周手術期に関連した項目、 あるいは生理学的なものから専門的な医療処置まで詳しく書かれていますので、とてもおすすめしたいです。

メンズナース1号
ER、手術室、小児科の臨床経験があります。保健師の資格も持っています。
目次に戻る!