産科の経験がある看護師直伝、新生児看護のまとめ

nsDoll_001_size_960_400

今回は、新生児についての成長発達を踏まえた、看護をまとめていきます。 新生児の看護では、両親への指導がとても重要です。新生児の特徴を理解していくことで、よりよい指導が行えます。

新生児の赤ちゃん

赤ちゃんが、生まれてから4週間以内を、新生児期といいます。 新生児では、まわりの影響を受けながら、その刺激により脳が発達していきます。 新生児期の関わりによって、成長発達に大きく影響を与えます。

お腹の中にいた赤ちゃんにとって、ママやパパの声は、とても落ち着きます。 抱っこをしたり、声をかけたりしていくことで、落ち着くため、出来る限りのスキンシップや語りかけを行います。

新生児の体重はどう変化する?

新生児の出生時は、平均3kgで生まれてきますが、3日を過ぎたころには、5%~10%減少します。 これを生理的体重減少といい、お腹の中にいた時に、溜まっていた水分が出ていくことで起こります。 母親にとっては、体重が減っているため、不安になることがあります。 一週間後には、元に戻るため、事前に説明していくことが大切です。

体重減少後には、1日で25gほど体重が増加していきます。 新生児の間は、毎日しっかりと確認して、成長を把握していきます。

赤ちゃんはどうして泣くの?

赤ちゃんは、ほとんどの時間を眠って過ごしていきます。 起きているときは、何か訴えがある場合に目を覚めます。 赤ちゃんは、言いたいことがあっても、言葉がわからないので、伝えることができません。 そこで、「泣く」という表現で訴えかけます。

泣いている原因がわからなければ、泣きやむことができずに、赤ちゃんもママも辛くなります。 赤ちゃんが泣く原因は、おっぱいが欲しい時、おしっこや便で気持ち悪い時、体の位置がおかしくて気持ち悪い時、抱っこしてほしい時に、泣いて訴えます。 泣いている原因を考えて、ママへ指導することも、看護師にとっては、大切な役割です。

新生児への関わりは、育児の中で、最も重要な時間です。 今後の育児を楽しく行えるように、看護師が間に入り、関わっていくようにしましょう。

執筆ライター:長谷川

  • 美容など女子力アップの方法
看護ハッピーQOLのこの記事がよかったら
いいねお願いします〜!

フォローする

ランキングに参加しています。よかったら応援よろしく!
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
“看護師転職求人サイト” “派遣看護師アルバイト”
長谷川
回復期(泌尿器・腎臓内科・消化器腫瘍)の複合と、産科(GCU)、精神科あとは介護施設での経験があります。看護師長として働きながら、保健師の資格も保有しており、保健師の一環としていろいろな病院へ出向きメンタルヘルスケアにも携わっています。
目次に戻る!