知ってて得するインフルエンザ予防方法!

ns_cold

今回は、誰でも感染する恐れがある、インフルエンザについてです。 インフルエンザに感染しないように、正しい知識を身につけていきましょう。

インフルエンザにはどうやって感染する?

インフルエンザは、飛沫感染と接触感染で人から人へ感染していきます。 飛沫感染とは、咳やくしゃみ・つばから、インフルエンザウイルスが口に入ることで感染します。 接触感染とは、インフルエンザに感染している人が、くしゃみや咳を手で抑えることで、手にウイルスが感染していきます。 その手で、いろいろなものに触れることで、そこから再び人へ感染していきます。

インフルエンザ予防で大切なことはなに?

飛沫感染を予防するために大切なことは、マスクの着用うがいです。 マスクを正しく着用し、外から帰ってきたときには必ずうがいをすることで、飛沫感染は防ぐことができます。 特に人ごみが多いところへ行く場合には、どこからウイルスが飛んでくるかわからないため、マスクを着用しましょう。

接触感染を予防するためには、清潔的な手洗いです。ただ、石鹸で手を洗うだけでは予防になりません。 手のひらだけではなく、指の間や手の甲、手首までしっかりと石鹸で洗うことで、効果的な手洗いになります。

インフルエンザウイルスが体に入ると必ず熱がでるの?

インフルエンザウイルスが体内に入るだけで、熱が出るわけではありません。 体内に入っても、抵抗力があれば、感染せずに過ごすことができます。

免疫力が低下していると感染しやすく、また重症化しやすいです。 日常から、バランスのとれた食事をとり、よく睡眠をとって、体調を整えていくことがとても大切です。

インフルエンザの予防接種はいつするの?

インフルエンザは冬に流行するため、冬にインフルエンザの予防接種をすればいいと思われています。 しかし、実際には、予防接種をしてからすぐに効き目があるわけではありません。 予防接種してから2週間から1ヶ月はかかるため、流行前の10月か11月中には予防接種するのが望ましいです。

インフルエンザの予防接種はどれぐらいの期間効き目があるの?

早くからインフルエンザ予防接種をしたら、効き目がなくなると不安に思うと思います。 インフルエンザの効き目は、体調や体質により大きく異なりますが、3ヶ月から半年ほど効果があります。 長い間効果を発揮するには、体調が良いときに行うことが、とても重要になります。

学校受験等でインフルエンザをどうしても予防したい場合には、2回摂取することをオススメします。 2回接種することで、1回接種に比べると、何倍もの効果が得られます。

インフルエンザは私たちにとって、最も身近な感染症と言えます。 適切な方法を行うことで、インフルエンザを予防していき、快適に日常生活を送っていきましょう。

執筆ライター:長谷川

  • 美容など女子力アップの方法
看護ハッピーQOLのこの記事がよかったら
いいねお願いします〜!

フォローする

ランキングに参加しています。よかったら応援よろしく!
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
“看護師転職求人サイト” “派遣看護師アルバイト”
長谷川
回復期(泌尿器・腎臓内科・消化器腫瘍)の複合と、産科(GCU)、精神科あとは介護施設での経験があります。看護師長として働きながら、保健師の資格も保有しており、保健師の一環としていろいろな病院へ出向きメンタルヘルスケアにも携わっています。
目次に戻る!