看護師が考える「友達」や「つれ」がうつ病になったときの接し方

ns_depression_03

今回は、ストレス社会と言われるこの時代に、誰でも関わりを持つ可能性があるうつ病についてです。 身近な「友達」や「つれ」がうつ病になったときの接し方についてまとめていきます。

友達やつれがうつ病になったら…接し方

身近な人がうつ病になったときに、どう接していいかわからないと不安になると思います。 どれだけ仲が良くてもうつ病の人にとっては、接し方1つで大きく状態が変わることがあります。 具体的に良い方法と悪い方法を説明します。

良い接し方
声をかけなくても良いので、近くに寄り添います。
→辛い時に誰かが近くにいてくれるだけでも、安心して心に余裕がでます。 連絡をもらった時には、できるだけ早く連絡を返すようにします。
→連絡がなければ無視されたと思う人も多いです。できるだけ早く返してあげると不安を解消することができます。 態度や会話で共感していき、相手の気持ちを受け止めていきます。
→同じ気持ちでいてくれることは相手にとって支えになります。どんな話でも受け止めていきます。

悪い接し方
自分に余裕がないときや、疲れているときにでも無理に関わろうとすること。
→うつ病の人との関わりは容易ではありません。心に余裕があることがとても大切です。 「こうしたほうがいい」、「これを行おう」という積極的に関わりをもつこと。
→決められたことを行うのは、ストレスがかかることがあります。相手のペースに合わせることが大切です。 うつ病を解決するために原因を見つけようとすること。
→うつ病の原因を解決することは悪くはありませんが、解決しなければという思いは逆効果になります。

会話で禁句や注意点はありますか?

うつ病の人にとって、「頑張ってね」という言葉は、頑張らないといけないという焦りになるだけではなく、頑張っていないという意味にも捉えます。 「無理しないでね」という言葉は、一見良いと思われますが、無理をしているように思われられていることで、不安やストレスに繋がります。 よくある言葉で、「~してあげるよ」の声掛けは、相手に無理をさせていると思うため、注意しましょう。

自分がとっても疲れたら…。

うつ病の人に対して、「どうにかしなければ」という思いが強すぎてしまうと、疲れてしまうことがあります。 うつ病の人と一緒にいて、自分がうつ病になってしまうことはよくあります。 うつ病の人と関わるときには、2つのことを心がけてください。

1つ目は、疲れている時には、無理をしないでゆっくり休むようにしましょう。2つ目は、常に一緒にいるのではなく、気分転換をするようにしましょう。

友達と距離を取るべき?(恋人なら別れる?別れない?夫婦なら離婚する?しない?)

大切な家族や恋人、親友がうつ病になったときにどうするべきか悩むと思います。 中途半端な気持ちで一緒にいることは、相手にとっても辛い思いをすることがあります。 いろいろな困難に対して、一緒に乗り超えていく気持ちがあれば、距離をとることや分かれる必要はありません。 ただ、中途半端な気持ちでは乗り越えられないため、思いをしっかり持つことが大切です。

うつ病は、私たちにとって身近な病気の1つです。
うつ病に対する周りの理解が、回復への第一歩になります。

執筆ライター:長谷川

  • 美容など女子力アップの方法
看護ハッピーQOLのこの記事がよかったら
いいねお願いします〜!

フォローする

ランキングに参加しています。よかったら応援よろしく!
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
“看護師転職求人サイト” “派遣看護師アルバイト”
長谷川
回復期(泌尿器・腎臓内科・消化器腫瘍)の複合と、産科(GCU)、精神科あとは介護施設での経験があります。看護師長として働きながら、保健師の資格も保有しており、保健師の一環としていろいろな病院へ出向きメンタルヘルスケアにも携わっています。
目次に戻る!