保健師直伝、人間ドックで40代男性におすすめの検査項目とオプションは?

ns_medical_illustration_02

40代は人生の約半分でちょうど節目となる年齢です。 子供の成長やマイホームの購入など男性にとって仕事をバリバリ働く時期になります。 仕事の忙しさや生活習慣の乱れから、メタボリックシンドロームになる人が一気に増えることから特定健診が行われています。

特定健診を行っているからといって安心してはいけません。 生活習慣病の発症率が高くなる40代では、生活習慣病から多くの病気や悪性腫瘍と呼ばれるがんを合併する可能性があります。 病気を早期発見するためには、人間ドッグを行う必要があります。

今日は、40代の男性にオススメする人間ドックの検査項目やオプションについて説明します。

必ず受診しておいた方がよい検査項目

40代ではがんの発症が多くみられてくる年代になるため、がん検診に関わる検査項目が必要となります。 その中でも、男性が必ず受診したほうがよい検査項目として、便潜血と胸部レントゲンです。 肺がんと大腸がんの早期発見をするためには必要な項目です。

日本人は胃がんも多く、上部消化管造影(バリウム検査)も行うことが必要ですが、40歳以上になると特定健診による健康診断で行うことになります。

健康に投資は惜しまない人や心配性の人は

健康で生活をすることは、生きていく上でとても大切なことです。 健康のためなら費用を気にしない人や、心配性の方には追加でオプションをつけることをおすすめします。

40代の男性におすすめのオプションは、胃カメラ・PET検査です。 健康診断で行われるバリウム検査では、はっきりとした診断をすることはできないため、胃カメラの検査を行うことが大切です。 バリウム検査に比べて気持ち悪くならないことから人気があります。

がんの発見に対して正確で多くのがんに対して発見することができるPET検査があります。 がんに対して心配性の方は一番確実な方法です。

最後にアドバイス

人間ドッグでいろいろオプションを追加することで、値段が高くなり、料金が気になる方も多いです。 しかし、健康で生活することができるから仕事ができており、家庭を守ることができます。 病気が悪化してからでは、取り返しのつかないことがあるため、健康な状態を維持できるなら必要な人間ドックは安い買い物です。

執筆ライター:長谷川

  • 美容など女子力アップの方法
看護ハッピーQOLのこの記事がよかったら
いいねお願いします〜!

フォローする

ランキングに参加しています。よかったら応援よろしく!
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
“看護師転職求人サイト” “派遣看護師アルバイト”
長谷川
回復期(泌尿器・腎臓内科・消化器腫瘍)の複合と、産科(GCU)、精神科あとは介護施設での経験があります。看護師長として働きながら、保健師の資格も保有しており、保健師の一環としていろいろな病院へ出向きメンタルヘルスケアにも携わっています。
目次に戻る!